まとめ

入社2年目の増渕です。
早いことに入社して1年が経ちました。
1年前の自分と比較すれば編集技術、社会人としての姿勢など、
多くのことを知りました。
ですが、実際には知った気になっていただけで、
編集中、臨機応変に対応することが出来ませんでした。
復習、反省を怠り、分からないことを分からないままにした結果です。
そんな僕でも、この1年間で数多くの映像を編集してきました。
初めての本編編集は、9月に行われた「テニス全米オープン錦織圭選手の試合」です。震える手を押さえながら、編集したのを思い出します。
直前で原稿の変更があり、OA数分前まで編集をしていた「木村沙織選手の引退会見」は未だに忘れられません。
日々の編集で培ってきた経験を大切にして、
いち早く編集マンとして、一人前になれるように頑張りたいと思います。
今は、千葉ロッテマリーンズの試合を編集することが夢です。